ahead

December 2017 Vol.181 12

SPECIAL ISSUE

クラスレスの時代

階級社会が生み出したクラスレス 吉田拓生
SUVにプレミアムは必要か 今尾直樹

旅先から愛車を送れる

排ガス規制でバイクが消える

静かで熱い、日本EVフェスティバル

日産リーフがもたらしたもの

ahead femme

ローダウンによって
得るものと失うもの

自動車人の食卓ー松本 葉

目指せ! カントリージェントルマン 吉田拓生

表紙

vol.181 写真・長谷川徹

下記の書店でもaheadを購入できます。

一部、バックナンバーも取り扱っています

代官山 蔦屋書店
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
TEL:03(3770)2525

書泉ブックタワー
〒101-0051 東京都千代田区神田佐久間町1-11-1
TEL:03(5296)0051

販売価格 1冊 500円(税込)

ARCHIVES

最新号の記事を試読できます

2483

Feature1 静かに熱い、日本EVフェスティバル

23回目という長い歴史と、参加者、参加台数、出展メーカーの多さ、そしてユニークなプログラムの数々を誇る、年に1度の日本一のEV祭り。それが、本誌で連載している〝EVオヤジ〟こと舘内 端氏が率いる日本EVクラブ主催の...

2489

特集「クラスレスの時代」階級社会が生み出したクラスレス

徹底した階級社会がクラスレスなクルマを生む。カジュアルなはずのSUVにロールス・ロイスやベントレーなどの超高級メーカーが参入する。誠に、人間とは矛盾を孕んだ不思議な生き物だ。吉田拓生氏にはクラシック・ミニの生まれた...

2493

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.101 EV報道の真実

最近、いろいろなメディアでEVにまつわる記事を目にするようになった。ついにEVの時代がやってきた! といった前のめりの姿勢で、IT系や経済系のライターさんたちがこぞってEV関係の記事を書き出したからだ。もちろん...

2483

日産リーフがもたらしたもの

「電気自動車に乗る時はね、いつもエンプティーランプが点灯しているような気分になる。だって、『今ここで充電がなくなったらどうしよう』って、そのことばっかり気になっちゃうもんだから、常に充電残量をチェックして、ドライブを...

2483

モタスポ見聞録 vol.9 ダカールで勝てないホンダ(HRC)

「このバイクは遅い」。ホンダの本格的な取り組みは、ライダーが漏らしたこの言葉から始まった。24年ぶりの復帰。かつての「パリダカ」を知る人間は、すでにチームにはおらず、すべてが手探りの挑戦。マシンは市販車の改造型...

SPECIAL CONTENTS

読者プレゼント・aheadグッズ

LINK

リンク集