クルマにとってのスキ

クルマやバイクに限らず工業製品の進化は、完成度を高めることが重要課題である。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.135 何かが変わる期待感

文・岡崎五朗

 菅内閣の目玉政策は縦割り行政の打破だという。縦割り行政の弊害で代表的なのが業務の重複と、それに伴う組織間の縄張り争いだ。

Read more »

バイクを書くということ

文・伊丹孝裕/写真・長谷川徹

2輪雑誌の編集者を経て、35歳の時にフリーランスのライターになった。

Read more »

技術屋集団 三菱自動車 VOL.2 EVを振り返る

文・世良耕太

Read more »

風とクルマの半世紀

19世紀の末にクルマやオートバイが誕生してから120年あまり。21世紀になり性能は著しく進歩し続けている。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.134 GRヤリスの壮大な実験

文・岡崎五朗

 GRヤリスはトヨタの田原工場内にある「GRファクトリー」で生産される。田原といえば世界でもっとも生産効率の高い工場として知られる。

Read more »

技術屋集団 三菱自動車 VOL.1 ランエボを振り返る

文・世良耕太

目指すのはドライバーのイメージどおりに走ること。三菱自動車は1992年の初代ランサー・エボリューション(ランエボ)から’07年のランサー・エボリューションXにかけて、その当時最先端の技術を投入して走りの理想を追い求めていった。

Read more »

ジェットヘルメットの七変化 ~アライ クラシックエアー~

文・神谷朋公/写真・長谷川徹

これからの話は怒られるかもしれないので、先に謝っておきます。ごめんなさい。僕はずっとジェットヘルメットが嫌いでした。

Read more »

ちょうどイイを考える

写真・長谷川徹

ちょうどイイとはなんだろう。漠然とした言葉だが、バイクやクルマの事を表現するときによく使う言葉だ。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.133 カーガイ率いる新生日産

文・岡崎五朗

 2019年度の決算でついに赤字となった日産。業績低迷をカルロス・ゴーンの逮捕~逃亡劇によるブランドイメージの低下と結びつけている人もいるようだが、僕の見立ては違う。

Read more »