特集 クルマに関わる見栄と意地

 人にとって見栄を張ることは、ときには必要ではあるが、他人に見せびらかすためだけの見栄ほどみっともないものもない。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.106 ディーゼル車規制の本質

 2月末、深刻化する都市部の大気汚染を受け、ドイツの連邦行政裁判所が、各地方自治体が古いディーゼル車の乗り入れ規制を行うのは合法だという判断を下した。

Read more »

50代に突入した文学者、大鶴義丹

aheadのコラムで振り返る彼との12年

 大鶴義丹がaheadに連載を始めたのは2006年9月(vol.41)のことだ。

Read more »

モタスポ見聞録 vol.14 富士に24時間レースが復活

 富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくる。それも50年ぶりに。開催されるのは、『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース』だ。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.105 自動運転車事故の教訓

 アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。

Read more »

“こだわり”が未来を拓く 桂 伸一

Interview with Shinichi Katsura

細部に神が宿る

ーー 桂さんのヘルメットへのこだわりは尋常ではないらしいですね。

 そう徹底的にこだわってるよ。

Read more »

モタスポ見聞録 vol.13 「レーシングカーが先」のスープラ

 3月のジュネーブモーターショーでトヨタが「スープラ」を発表した。正確には「GR Supra Racing Concept」である。

Read more »

陽のあたる場所

 人はただまっすぐに人生を歩いていてる。思い描く目的地を頭の中にセットして、そこに向かってまっすぐにクルマを走らせる。

Read more »

特集 クルマとバイクの世代論

写真・長谷川徹

 「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.104 あおり運転に巻き込まれない

 相次ぐ重大事故の発生を受け、警察庁があおり運転対策に乗り出した。実は過去にも同様の措置は講じられていて、’09年には高速道路での車間距離保持義務違反の罰則が強化された。

Read more »