特集 真冬の挑戦 PART1 オーロラを見つける旅

文・写真 山下 剛

「そうだオーロラを見に行ってみよう」そう思い立って本当に北欧まで行ってしまうひとは少ないだろう。まして雪に閉ざされた氷点下の北欧に。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.127 自動運転法規制

文・岡崎五朗

 昨年末、新聞紙上に驚きのニュースが掲載された。ホンダが2020年中にも世界で初めて自動運転レベル3を搭載したクルマを発売するというのだ。

Read more »

モタスポ見聞録 Vol.35 サウジアラビアのダカール

文・若林葉子

2020年のダカールラリーはサウジアラビアで開催された。1978年、フランス人の冒険家、故ティエリー・サビーヌによって始められたこのラリーは、フランスのパリを出発し、アフリカ大陸を主な舞台としてセネガルのダカールにゴールすることから、「パリ・ダカ」と呼ばれてきた。

Read more »

なぜソニーがEVを作り、トヨタが街を作るのか

文・小沢コージ

新春ラスベガスの「CES」ことハイテク見本市に行ってきた。元々は消費者家電見本市だが、今やメルセデスやアウディ、トヨタ、日産、ホンダがこぞってブースを出し、事実上のハイテク自動車ショーと化してるのは誰もが知るところ。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.126 今年はヴィンテージイヤーか

文・岡崎五朗

 ヴィンテージイヤーがあるのはワインの世界だけじゃない。日本車でいえば、NS-X、セルシオ、ユーノス・ロードスター、R32スカイラインGT-R、レガシィといったクルマたちを輩出した1989年がヴィンテージイヤーだ。

Read more »

モタスポ見聞録 Vol.34 ロッシとハミルトンのマシンスワップ

文・サトウマキ

F1のパドックにMotoGPのライダーが訪れたり、MotoGPのパドックを訪問したF1ドライバーの姿が中継画面に映し出されるといったことがよくある。

Read more »

俺たちの漫画バイブル

今や日本を代表する文化と言える漫画は、時に社会現象を引き起こし、読む人の人生に大きな影響を与えることがある。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.125 高齢ドライバーの支援策

文・岡崎五朗

 高齢者の事故やあおり運転など、クルマにまつわるネガティブな話題が社会問題として注目されている。

Read more »

モタスポ見聞録 Vol.33 F1ヘルメット問題

文・世良耕太

F1でドライバーのヘルメットが物議をかもしている。「識別しづらくなるからデザインを変更するな」というスタンスなのがルールを統括するFIA(世界自動車連盟)で、「自由にさせてくれ」というスタンスなのがドライバーだ。

Read more »

年末年始にお勧め ストリーミングで観たいクルマ・バイク映画 50~70年代編

文・山下敦史

映画のネット配信が当たり前になった今、もはやDVDを借りに行く手間さえなくなった。観たいと思った次の瞬間にはもう観られるのだ。

Read more »