特集 エターナルバリュー

 世の中全体がひとつの方向を向いていられる時代ではなくなり、あふれる情報や多様な価値の中から、それぞれが自分なりの価値観を見つけなくてはならなくなった今。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.107 関税25%の思惑

 トランプ米大統領が、通商拡大法232条に基づき乗用車の関税を現在の2.5%から25%に引き上げることを検討していると報じられた。これが実行されたら日本の自動車メーカーは大打撃だ。

Read more »

SUZUKI GSX-S750ABS もう一度SUZUKIに乗る

前編 “スズ菌”の源

 決して、ブォーンやフォーンではなく、グゥオンでもない。「クォンッ、クォンッ」という歯切れの良いGSX-R系エンジンの排気音は、アクセルを急開閉した時に少しだけ「ジャワッ」とレーシングキャブのような吸気音が混じる。

Read more »

モタスポ見聞録 vol.15 レース好きとバイク好き

加賀山のマシンは、チームメカニックが製作した鉄フレームにGSX-R1000のエンジンを積んだオリジナルのカタナ。フロントはGSX-Rの純正を基本とし、リアはユニットプロリンクとなっている。

 「バイクはレースの道具」そう考えるレーシングライダーは多い。市販車についてあまり知らず、免許証を持っていない人も珍しくない。

Read more »

特集 クルマに関わる見栄と意地

 人にとって見栄を張ることは、ときには必要ではあるが、他人に見せびらかすためだけの見栄ほどみっともないものもない。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.106 ディーゼル車規制の本質

 2月末、深刻化する都市部の大気汚染を受け、ドイツの連邦行政裁判所が、各地方自治体が古いディーゼル車の乗り入れ規制を行うのは合法だという判断を下した。

Read more »

50代に突入した文学者、大鶴義丹

aheadのコラムで振り返る彼との12年

 大鶴義丹がaheadに連載を始めたのは2006年9月(vol.41)のことだ。

Read more »

モタスポ見聞録 vol.14 富士に24時間レースが復活

 富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくる。それも50年ぶりに。開催されるのは、『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース』だ。

Read more »

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.105 自動運転車事故の教訓

 アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。

Read more »

“こだわり”が未来を拓く 桂 伸一

Interview with Shinichi Katsura

細部に神が宿る

ーー 桂さんのヘルメットへのこだわりは尋常ではないらしいですね。

 そう徹底的にこだわってるよ。

Read more »