カテゴリー:「岡崎五朗のクルマでいきたい」一覧

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.123 日産のバッジ

 2013年にデビューした現行スカイラインがビッグマイナーチェンジを受けた。プロパイロット2.0=ハンズオフを中心としたモノとしての実力は次ページに書くが、加えてこのコラムでも扱おうと思ったのには理由がある。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.122 不必要なリアカメラ

 ドライブレコーダーの販売台数が急速に伸びている。2010年には146万台だったが、2017年には267万台、2018年は367万台、2019年は400万台を突破する見込みだ。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.121 走行データの記録と可視化

 EDR/CDRという言葉をご存じだろうか。EDRとはイベントデータレコーダーの略。飛行機に搭載されているフライトデータレコーダーのクルマ版と思えばいい。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.120 陰謀論が隠すもの

 陰謀論の本を読んだ。ケネディ暗殺やアポロ計画、ツタンカーメンの呪いなど様々な事件を引きながら、それらにまつわる陰謀論について分析しているのだが、いちばん面白かったのは、なぜ陰謀論が囁かれるのかという分析だ。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.119 日本発のクルマ文化

 軽自動車人気が高まるなか、乗り換えるとなるとやっぱり安全性が気になるんだよね、と思っている人は少なくない。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.118 軽自動車に乗り換える意義

 昨年の軽自動車のシェアは36.5%。つまり、日本で売れているクルマの3台に1台以上が軽自動車ということだ。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.117 95グラムの余裕

 3月頭にジュネーブモーターショーの取材にいってきた。主要モーターショーでは唯一、自国に自動車産業をもたないスイスでの開催ということで、各メーカーのブースの面積が比較的公平なのがジュネーブのいいところ。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.116 第3のタイヤ

 愛車にオールシーズンタイヤを履かせた。あいにく雪道を走る機会のないまま春を迎えることになったわけだが、先日都内に雪予報がでたときも安心してクルマで出かけることができた。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.115 機械へのこだわり

 昨年、ちょっと古いクルマを購入した。90年式メルセデス・ベンツ300E。W124という型式名で知られている中型セダンだ。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.114 評価の基準

 前回に引き続き日本カー・オブ・ザ・イヤーについて書こうと思う。今回のカー・オブ・ザ・イヤーはボルボXC40に決定した。これ自体に何ら異論はないし、違和感もない。