カテゴリー:「岡崎五朗のクルマでいきたい」一覧

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.139 電動化=EV化という勘違い

 このところ大きな話題となっているクルマの電動化。2050年のカーボンニュートラルに向け徐々にCO2を減らしていくのに電動化は必要だが、問題は「電動化」という言葉が誤解を招きやすいこと。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.138 EVでトクをするのは誰か

 10月26日の施政方針演説で菅総理が表明した2050年のカーボンニュートラル宣言。続いて毎日新聞とNHKが報道した2030年代後半のガソリン車販売禁止。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.137 正当な要求

 自動車メーカーで構成する日本自動車工業会が自動車税制に関する要望を発表した。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.136 正解はひとつじゃない

 いつかはこういうときが来ると思っていたが、まさかこんなに早く来るとは思っていなかった。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.135 何かが変わる期待感

 菅内閣の目玉政策は縦割り行政の打破だという。縦割り行政の弊害で代表的なのが業務の重複と、それに伴う組織間の縄張り争いだ。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.134 GRヤリスの壮大な実験

 GRヤリスはトヨタの田原工場内にある「GRファクトリー」で生産される。田原といえば世界でもっとも生産効率の高い工場として知られる。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.133 カーガイ率いる新生日産

 2019年度の決算でついに赤字となった日産。業績低迷をカルロス・ゴーンの逮捕~逃亡劇によるブランドイメージの低下と結びつけている人もいるようだが、僕の見立ては違う。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.132 若者とコロナとクルマ

 緊急事態宣言が解除され日常を取り戻しつつある日本。それでも第二波の恐れは消えていない。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.131 楽しいクルマ選びの真髄

 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言によって新車の発表はなく、そもそも試乗もロケもできない日が続いた。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.130 メーカーから届いたメール

 東京都に緊急事態宣言が発令されたのは4月7日。人と人との接触を8割減らすという前代未聞の取り組みのなか、多くの企業は在宅勤務を実施し、自動車メディアが取材で使う試乗車の貸し出しもストップした。