カテゴリー:「岡崎五朗のクルマでいきたい」一覧

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.136 正解はひとつじゃない

 いつかはこういうときが来ると思っていたが、まさかこんなに早く来るとは思っていなかった。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.135 何かが変わる期待感

 菅内閣の目玉政策は縦割り行政の打破だという。縦割り行政の弊害で代表的なのが業務の重複と、それに伴う組織間の縄張り争いだ。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.134 GRヤリスの壮大な実験

 GRヤリスはトヨタの田原工場内にある「GRファクトリー」で生産される。田原といえば世界でもっとも生産効率の高い工場として知られる。

03a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.133 カーガイ率いる新生日産

 2019年度の決算でついに赤字となった日産。業績低迷をカルロス・ゴーンの逮捕~逃亡劇によるブランドイメージの低下と結びつけている人もいるようだが、僕の見立ては違う。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.132 若者とコロナとクルマ

 緊急事態宣言が解除され日常を取り戻しつつある日本。それでも第二波の恐れは消えていない。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.131 楽しいクルマ選びの真髄

 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言によって新車の発表はなく、そもそも試乗もロケもできない日が続いた。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.130 メーカーから届いたメール

 東京都に緊急事態宣言が発令されたのは4月7日。人と人との接触を8割減らすという前代未聞の取り組みのなか、多くの企業は在宅勤務を実施し、自動車メディアが取材で使う試乗車の貸し出しもストップした。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.129 メーカーを襲うコロナショック

 世界で猛威を振るっている新型コロナウィルスは、多くの人命を奪うと同時に経済に深刻な影を落とし、自動車業界にも暗雲が立ちこめている。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.128 自動運転法規制で日本が世界に先駆ける!?

 前号では、日本が世界に先駆けて実用化する見込みの「自動運転レベル3」について書いた。レベル3とは、一定の条件を満たせばドライバーはスマホを見たり本を読んだりといった「セカンドタスク」を可能にする技術。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.127 自動運転法規制

 昨年末、新聞紙上に驚きのニュースが掲載された。ホンダが2020年中にも世界で初めて自動運転レベル3を搭載したクルマを発売するというのだ。