岡崎五朗のクルマでいきたい vol.100 日産問題の本丸

文・岡崎五朗

 新聞やテレビニュースでも大きく報じられた日産の完成車検査問題を改めて考えてみたい。日本の法律では、新車にも、その車両が公道を走っていいかどうかの検査を受ける義務がある。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.100 日産問題の本丸” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.99 ダイソンのEV参入

文・岡崎五朗

 このところEVの話題で持ちきりの自動車業界。先日のフランクフルトモーターショーではドイツメーカーを中心にEVのコンセプトカーが大量に展示され話題をさらっていた。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.99 ダイソンのEV参入” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.98 踊らされることなかれ

文・岡崎五朗

 このところ目に付くEVに関する話題だが、大手メディアの記事でも事実誤認があったり、誤解を招くような書き方になってたりすることが多い。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.98 踊らされることなかれ” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.97 セダンの利点

文・岡崎五朗

 かつてはクルマの本流だったセダンだが、最近はミニバンやSUV、あるいはハッチバックタイプのコンパクトカーに押されすっかり人気がなくなってしまった。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.97 セダンの利点” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.96 ブーム到来

文・岡崎五朗

 空前絶後のSUVブームである。その昔、クロカン四駆が流行った時期があったが、あれはあくまで麻疹のような流行現象。長続きはしなかった。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.96 ブーム到来” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.95 SUVが上位3台を独占したWCOTY

文・岡崎五朗

 世界23ヵ国、75人のモータージャーナリストが選考委員を務めるワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)。13回目となる今年のイヤーカーに輝いたのは、ジャガー初のSUVであるF-PACEだった。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.95 SUVが上位3台を独占したWCOTY” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.94 ミニのあり方

文・岡崎五朗

 モデルチェンジの度に、一部の人から「こんな大きいクルマ、ミニじゃない」と言われ続けてきたミニ。たしかに、全長3m、全幅1.4mのクラシック・ミニと比べれば、現代のミニはかなり大きい。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.94 ミニのあり方” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.92 クレーマーのいない環境

文・岡崎五朗

 僕が出演しているテレビ神奈川の自動車番組「クルマでいこう!」には、紹介するクルマの○と×をボードに書くコーナーがある。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.92 クレーマーのいない環境” の続きを読む


岡崎五朗のクルマでいきたい vol.91 テスラの行動力

文・岡崎五朗

 カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供し続けている。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.91 テスラの行動力” の続きを読む