モタスポ見聞録 Vol.22 記憶を呼び覚ますヒストリックカー

文・世良耕太

結局のところ、刺さる世代が多く駆けつけているのだと思う。2018年10月に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでは、かつて日本GPをにぎわせたF1マシンのデモ走行が行われた。

“モタスポ見聞録 Vol.22 記憶を呼び覚ますヒストリックカー” の続きを読む



モタスポ見聞録 vol.18 F1はなぜ人気がなくなったのか

文・世良耕太

モータースポーツはこの先どうなってしまうのだろうと、心配になることがある。「トップ」を自認するカテゴリーはドライバーのレベルがトップであるだけでなく、車両を構成する技術もトップだと自認してきた。

“モタスポ見聞録 vol.18 F1はなぜ人気がなくなったのか” の続きを読む


モタスポ見聞録 vol.14 富士に24時間レースが復活

文・世良耕太

 富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくる。それも50年ぶりに。開催されるのは、『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース』だ。

“モタスポ見聞録 vol.14 富士に24時間レースが復活” の続きを読む



モタスポ見聞録 vol.12 Good-bye、グリッドガール

文・世良耕太

 F1世界選手権を運営するFormula 1(フォーミュラ・ワン)は、2018年の開幕戦オーストラリアGP(3月25日決勝)からグリッドガールを廃止すると発表した。

“モタスポ見聞録 vol.12 Good-bye、グリッドガール” の続きを読む





モタスポ見聞録vol.5 レーシングクラッチの耐久力

文・世良耕太
ポールポジションからのスタートで、期待されていたトヨタ7号車だったが、小林可夢偉選手のドライブ中にクラッチトラブルに見舞われ、日付が変わって間もなく無念のリタイヤとなった。

 クラッチはエンジンとトランスミッションの間にあって、エンジンからトランスミッションに力を伝えたり、切り離したりする装置だ。

“モタスポ見聞録vol.5 レーシングクラッチの耐久力” の続きを読む