岡崎五朗のクルマでいきたい vol.139 電動化=EV化という勘違い

文・岡崎五朗

 このところ大きな話題となっているクルマの電動化。2050年のカーボンニュートラルに向け徐々にCO2を減らしていくのに電動化は必要だが、問題は「電動化」という言葉が誤解を招きやすいこと。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.139 電動化=EV化という勘違い” の続きを読む



技術屋集団 三菱自動車 VOL.5 1990年代前編

文・世良耕太

FTO (1994年-2000年)

1975年に姿を消したギャラン・クーペFTOから19年ぶりにFTOの名を冠して登場。ランサー/ミラージュとプラットフォームは共通ながら、シート位置をホイールベースの中央にレイアウト。リアオーバーハングを短くすることでスポーツカー的のスタイルとなった。V6 2ℓエンジンを搭載し当時は、国産FF車最速の異名を持つ。’94-’95年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた。

 三菱自動車が1992年に発売した新型ギャランは、世界初の機能を持ったINVECS(インベックス:インテリジェント&イノベーティブ・ビークル・エレクトロニック・コントロール・システム)を搭載していた。

“技術屋集団 三菱自動車 VOL.5 1990年代前編” の続きを読む



岡崎五朗のクルマでいきたい vol.138 EVでトクをするのは誰か

文・岡崎五朗

 10月26日の施政方針演説で菅総理が表明した2050年のカーボンニュートラル宣言。続いて毎日新聞とNHKが報道した2030年代後半のガソリン車販売禁止。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.138 EVでトクをするのは誰か” の続きを読む


キスカのクリエイティブ

文・サトウマキ 写真・長谷川徹

メイド・イン・イタリーではなく、 ブリティッシュでもなく、ジャーマニーでもない。ましてメイド・イン・ジャパンではない、斬新なデザインのバイクを生み出しているメーカーがある。

“キスカのクリエイティブ” の続きを読む



技術屋集団 三菱自動車 VOL.4 1980年代

文・世良耕太

 三菱自動車には「世界初を目指すんだ」という気概が満ちあふれているというが、思いだけに終わらず実際、世界初の技術を数多く実用化している。これまでに三菱が世に送り出してきた「世界初」を振り返ってみよう。

“技術屋集団 三菱自動車 VOL.4 1980年代” の続きを読む