FEATURE1 受け継がれたヤマハイズム YZF-R25

 熱いヤマハが帰ってきた。「YZF-R25」を全力加速させ、スチール製ダイヤモンドフレームに搭載された新設計の水冷並列2気筒エンジンをレッドゾーンまで回したときにそれを実感した。

“FEATURE1 受け継がれたヤマハイズム YZF-R25” の続きを読む


FEATURE2 200万人以上が見る「レーサーリンク」FB

 自分もそうだからきっと他人もそうに違いないと決めつけるのは、世間知らずの思い上がりだとは思うが、その日最初にパソコンを開いてすることといったら、ネットサーフィンではなかろうか。いや、いまどきウェブブラウジングと言うべきか。

“FEATURE2 200万人以上が見る「レーサーリンク」FB” の続きを読む



岡崎五朗のクルマでいきたい vol.66 トヨタのしめす水素ワールド

 ごく短時間、それもクローズドコース内という限られた条件下だったけれど、ミライに乗った僕は久々にワクワクしていた。こんな感覚を味わったのは…そう、1997年の夏に初代プリウスに乗ったとき以来だ。

“岡崎五朗のクルマでいきたい vol.66 トヨタのしめす水素ワールド” の続きを読む



F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.57 最速タイム ≠ ワールドチャンピオン

 F1が世界最高峰のレースシリーズなのは、自他ともに認めるところだ。何が世界最高峰なのかといえば、マシンづくりに投入されている技術が常に最先端を行っており、「そこまでやる?」と、あっけにとられるようなレベルのオンパレードだからである。

“F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.57 最速タイム ≠ ワールドチャンピオン” の続きを読む



オンナにとってクルマとは vol.52 愛車の買い替え、上書き保存? 別名保存?

 愛車の買い替えを検討している。あれがいいかな、これがいいかなと目移りして、なかなか決め手がないまま半年が過ぎようとしている。長引いている大きな原因は、今の愛車にこれといって不満がないのに、なんとなく心機一転したいという、ふわっとした理由だからである。

“オンナにとってクルマとは vol.52 愛車の買い替え、上書き保存? 別名保存?” の続きを読む