カテゴリー:「Motorcycle」一覧

01a

特集 ドライブフィーリング再考

クルマやバイクを語る際に用いられるフィーリングという言葉は、個人の経験や感覚をもとに表現されることが多く、定義がはっきりせず、数値化することも難しい。

03a

モタスポ見聞録 Vol.31 公道レースの意味

「Auerberg Klassik/アウアーベルグ・クラシック」。2年に一度開催される、ビーンテージバイクを中心に、舗装した峠道で行われるタイムトライアル・ヒルクライム・レースだ。

01a

特集 クルマとバイクとオフロード

写真・長谷川徹 キャンピングカーが人気を博し、休みともなればキャンプ場は予約でいっぱい。世の中は空前のアウトドアブームである。

04a

ベテランライダーに聞くいい大人のバイクの楽しみ方 神尾 成vs山田弘樹

写真・長谷川徹

02a

モタスポ見聞録 Vol.28 マン島TTを撮影する

マン島TTへ行ってきた。今年は雨がとても多く、走行予定時刻が近づきコースサイドで待機していると「キャンセル!」とマーシャルが大声をあげ、観客はザワザワ&とぼとぼと帰る。

03a

TRIUMPH FOR THE RIDE「スピードツイン」という名に込められた想い

トライアンフが2輪の生産を開始したのが、1902年のことだ。現存する2輪メーカーとしては最古のひとつであり、海外資本が入ることなくイギリスの血統を守ってきた稀有なブランドである。

02a

特集 時代を飛び越える力 バイクとスマホの親和性

 バイクに興味を持った、あるいは乗りはじめたきっかけを尋ねると、40~50代の返答は十人十色ではあるものの「男の子は16歳になったらバイクに乗るものだと思っていた」という言葉に集約される。

04a

これからのジャーナリズム

「バガボンド」という作品がある。’98年から連載を開始した吉川英治「宮本武蔵」を題材としたマンガであり、累計4千万部以上ともいう、とてつもない発行部数を誇るだけにご存じの方も多いはずである。

reg01a

ひこうき雲を追いかけて vol.82 私の平成

 18歳で昭和が終わりを告げ、48歳の今、平成が終わろうとしている。元号が変わろうとも昨日の先に今日があり、今日の続きに明日があるだけなのだが、そうは言っても30年という月日はひとつの区切りとして十分な重みがあ […]

03a

平成不良少年

とびきりのフツウが欲しいのさ。  ここ数年、心がシンプルなものを求めるようになった。もともとボクの中にはそうした気質はあるのだけれど、40代半ばを過ぎた辺りからこの思いが加速するようになった。