カテゴリー:「Antenna」一覧

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.125 高齢ドライバーの支援策

 高齢者の事故やあおり運転など、クルマにまつわるネガティブな話題が社会問題として注目されている。

03a

年末年始にお勧め ストリーミングで観たいクルマ・バイク映画 50~70年代編

映画のネット配信が当たり前になった今、もはやDVDを借りに行く手間さえなくなった。観たいと思った次の瞬間にはもう観られるのだ。

04a

令和元年、大衆車は大きく進化した 岡崎五朗VS若林葉子[対談]

sp01

FEATURE 2 圧縮着火するガソリンエンジン~マツダ「SKYACTIV-X」

スカイアクティブXは、マツダ3から始まったマツダの新世代商品群の頂点に位置する新しいエンジンだ。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.124 リピーター獲得のために

 バブル期に200万人を動員した東京モーターショー。しかし次第に来場者数は減り、前回の2017年は77万人だった。

02a

モタスポ見聞録 Vol.32 スーパーGTとDTMの混合戦

日本のスーパーGTとドイツのDTMが特別交流戦を行う。場所は富士スピードウェイ。日程は11月23日~24日だ。

03a

THANKS! SUBARU EJ20 スバルEJ20、30年の歴史を振り返る

スバル車の特徴である「水平対向エンジン」 は直列エンジンに対して、低重心/高剛性/回転バランスの良さなどの優位性があるが、80年代のスバルはそれを活かせなかった。いや、むしろ足を引っ張っていた。

04a

THANKS! SUBARU EJ20 EJ20とモータースポーツ

第2世代水平対向エンジンのEJシリーズは、’89年の初代レガシィとともにデビューした。開発陣ははじめから水平対向エンジンの後継を作るつもりはなく、白紙から検討した。

01a

特集 ドライブフィーリング再考

クルマやバイクを語る際に用いられるフィーリングという言葉は、個人の経験や感覚をもとに表現されることが多く、定義がはっきりせず、数値化することも難しい。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.123 日産のバッジ

 2013年にデビューした現行スカイラインがビッグマイナーチェンジを受けた。プロパイロット2.0=ハンズオフを中心としたモノとしての実力は次ページに書くが、加えてこのコラムでも扱おうと思ったのには理由がある。