カテゴリー:「Car」一覧

04a

私の見てきたロンドン

オンナひとり。50歳で職もナシ。落ち込んで落ち込んで、再び顔を上げたその先に、彼女が向かったのはイギリス、ロンドン。

01a

BORN IN 1970 あらがいの世代

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.128 自動運転法規制で日本が世界に先駆ける!?

 前号では、日本が世界に先駆けて実用化する見込みの「自動運転レベル3」について書いた。レベル3とは、一定の条件を満たせばドライバーはスマホを見たり本を読んだりといった「セカンドタスク」を可能にする技術。

03a

モタスポ見聞録 Vol.36 日本勢の台頭

2世界のモータースポーツを「日本」が背負って立っている、と言ったら言いすぎだろうか。

01a

特集 真冬の挑戦 PART1 オーロラを見つける旅

「そうだオーロラを見に行ってみよう」そう思い立って本当に北欧まで行ってしまうひとは少ないだろう。まして雪に閉ざされた氷点下の北欧に。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.127 自動運転法規制

 昨年末、新聞紙上に驚きのニュースが掲載された。ホンダが2020年中にも世界で初めて自動運転レベル3を搭載したクルマを発売するというのだ。

03a

モタスポ見聞録 Vol.35 サウジアラビアのダカール

2020年のダカールラリーはサウジアラビアで開催された。1978年、フランス人の冒険家、故ティエリー・サビーヌによって始められたこのラリーは、フランスのパリを出発し、アフリカ大陸を主な舞台としてセネガルのダカールにゴール […]

04a

なぜソニーがEVを作り、トヨタが街を作るのか

新春ラスベガスの「CES」ことハイテク見本市に行ってきた。元々は消費者家電見本市だが、今やメルセデスやアウディ、トヨタ、日産、ホンダがこぞってブースを出し、事実上のハイテク自動車ショーと化してるのは誰もが知るところ。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.126 今年はヴィンテージイヤーか

 ヴィンテージイヤーがあるのはワインの世界だけじゃない。日本車でいえば、NS-X、セルシオ、ユーノス・ロードスター、R32スカイラインGT-R、レガシィといったクルマたちを輩出した1989年がヴィンテージイヤー […]

02a

モタスポ見聞録 Vol.34 ロッシとハミルトンのマシンスワップ

F1のパドックにMotoGPのライダーが訪れたり、MotoGPのパドックを訪問したF1ドライバーの姿が中継画面に映し出されるといったことがよくある。