カテゴリー:「Car」一覧

01a

特集 今、クルマに足りないもの Happiness

写真・長谷川徹  AE86に四半世紀以上乗り続けている山田弘樹は、小型のFRハッチバックがあればクルマ好きはもっと増えると言い、古いイギリス車を愛する吉田拓生は、現代のクルマは生涯に渡って持ちたいと思わせる魅力 […]

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.115 機械へのこだわり

 昨年、ちょっと古いクルマを購入した。90年式メルセデス・ベンツ300E。W124という型式名で知られている中型セダンだ。

03a

第二世代のGT-R

いまバブル期以降のジャパニーズスポーツカーが人気で高騰している。ちょっと前なら廃車寸前で見向きもされなかったクルマ達が、いまや年式から考えるとかなり高価で取り引きされているのだ。

04a

モタスポ見聞録 Vol.23 パリダカの概念

パリもダカールも、そしてアフリカさえも走らなくなった。それが2019年は国すら跨らなくなった。ペルー1国での開催で、クロスカントリーという概念すらも捨て去った。

05a

山田真人のヒューマンアウトドアライフ Vol.01 はじめてのクルマ旅で思ったこと

金は無いけどヒマはある。そんなありふれた学生時代を過ごしていた僕は、夏休みに友人と日本一周をすることを思い立った。

01a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.114 評価の基準

 前回に引き続き日本カー・オブ・ザ・イヤーについて書こうと思う。今回のカー・オブ・ザ・イヤーはボルボXC40に決定した。これ自体に何ら異論はないし、違和感もない。

02a

アウトランダーPHEVでアウトドアブランチを体験!

 アウトランダーPHEVを電源にしてキャンプする? いやいや、キャンプとは自然と戯れるものであって、電気なんて使ったら、あえて不便さを楽しむためのイベントが台無しになってしまうのでは?

04a

モタスポ見聞録 Vol.22 記憶を呼び覚ますヒストリックカー

結局のところ、刺さる世代が多く駆けつけているのだと思う。2018年10月に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでは、かつて日本GPをにぎわせたF1マシンのデモ走行が行われた。

01a

ひこうき雲を追いかけて vol.78 声なき声にこたえる

 今年1年を振り返って、印象に残っていることを挙げるとすると、ボルボとハスクバーナだろうか。

02a

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.113 COTY辞退に想うこと

 今年のCOTY(カーオブザイヤー)は異例の9台で争われた。予備投票で上位10台に残っていたフォレスターが、土壇場になってのスバルの辞退で外れたからだ。